ファブリー病TOP患者さんとご家族へのメッセージ自分ができることを、できる範囲で

患者さんとご家族へのメッセージ

ページを印刷

患者さんとご家族の声

自分ができることを、できる範囲で 小さい頃からからだが弱かったが原因がわからず、24歳のときに腎臓の精密検査でファブリー病とわかったDさん。病気はキャリア形成に影響を及ぼし、受け入れるまで数年かかりました。30代の今は、「できることをできる範囲で」と考え、生まれてくる子どもを楽しみに暮らしています。息子の病気に罪悪感を感じているご自身の母親に「遺伝は誰かが悪いわけではない」と伝えたいという、今の思いを伺いました。
男性30代 Aさんのこれまでのあゆみ
監修医からのメッセージ

※この内容は2018年12月時点のものです。